ネイリストが収入を上げるための資格について

MENU

ネイリストが収入をあげるためにできることは資格の取得!!

ネイリストというのは国家資格がないので、極端な言い方をすれば、やりたいと思えばネイリストになれますし、最近では素人さんでもプロ級の腕前を持っている人も多いです。

 

 

しかし、ネイリストを目指すのであれば専門資格を取っておいた方が良いと言えます。
と言っても資格を取るにはお金も時間もかかるため、なくても良いなら取らないでネイリストを始めたいと思う方もいるでしょう。
ですがほとんどのネイリストが資格を持っているのは、必要性があるからなのです。

 

・ネイリストが学ぶこと
一般的な考え方でネイリストと素人の大きな違いと言えば、やっぱりネイルアートの技術でしょう。
ネイルアートは、ラインの丸みや太さ、ラインストーンを置く位置、アート全体のバランスやカラーなど繊細な技術が求められます。

 

これを学ぶためには資格取得が必須と言うイメージがありますが、ネイリストが最初に学ぶのはネイルアートでもスカルプでもありません。
ネイルの基本は、爪の構造や衛生管理、甘皮に関すること、消毒方法、爪の病気に関する知識などです。
この基本知識がないとネイルを安全にすることができないので、基本を学べる資格は絶対に必要なのです。

 

・顧客の信頼度
顧客の目線からすると、施術するネイリストが資格を持っていることは信頼に値します。
もちろんネイリストは経験も重要ですが、資格を持っていれば基礎が出来ている、少なくとも知識はあるという証明になります。
いくら自分や家族、友達などにたくさんのネイル経験があるといっても、それだけでは信頼には値しません。

 

 

どんな職業でも言えることですが、資格は評価につながるツールの一つでもあるので、安心して施術を受けてもらうためにも必要と言えます。

 

・希望のサロンに就職しやすい
ネイルアートは常に新しい技術が取り入れられますし、流行りのデザインをしっかり把握しておく必要があります。
しかし、職場によっては新しい技術やデザインを学べず、同じことの繰り返しで、次第にネイリストとして遅れをとってしまいます。

 

 

そもそも経験だけではなく知識も重要な仕事ですから、無資格でゼロから教えなくてはいけない人材は就職しにくいので、希望するサロンで働くためにも資格取得は必須です。

 

ネイリストとしてこれだけは押さえておきたい資格とは?

よく、ネイリストの採用条件で「ネイリスト検定1級」「ネイル検定2級」と記載されていますが、これはJNECネイリスト技能検定試験における等級のことです。
JNECネイリスト技能検定試験は内閣総理大臣に認定されている公益財団法人なので、ネイリストの民間資格の基本とも言えるのがJNECネイリスト技能検定試験になります。

 

 

JNECの検定は1級を最上級として、2級、3級とありますが、初心者は必ず3級から受験します。
3級はネイルケアやアートの基本的な技術と知識、2級はネイルサロンで通用する技術と知識、1級にはネイリストとしてトップレベルとなる総合的な技術と知識が検定内容です。

 

 

ネイリストとして必要な正しい技術と知識を持っている証明となるJNECネイリスト技能検定試験は、必ず取得しておかなくてはいけません。

 

ネイリストの就職を有利にする資格とは?

ネイルサロンでもっとも需要があるのはジェルネイルなので、就職するためにはジェルネイルの技術と知識も必要不可欠と言えます。
JNAジェルネイル技能検定は、上級を最上級として、中級、初級とあり、名前の通りジェルネイルの知識と技術を習得するための資格です。

 

中級はネイルサロンで働ける知識と技術、初級はジェルネイルの基本を習得している証になります。
JNAジェルネイル技能検定の資格があればかなり就職に有利ですから、これも必要な資格と言えるでしょう。

 

何級まで取得すればよいのか

基本的にJNECネイリスト技能検定試験の3級を持っていれば、ネイリストとして働くことはできます。
ただいずれ個人で開業したい、ネイリストとして高みを目指したいというのであれば、上級を取得するべきかもしれません。
と言っても、当然ですが上級になるほど取得は難しくなるので、取得する等級は自分が求めるネイリスト像に合わせて決めるといいでしょう。