ネイリストは学校に行かなくても資格をとって稼げるのか?

MENU

ネイリストは独学で資格を取っても稼ぐことはできますよ!

ネイリストの検定試験というのは、スクールにいかなくても受験することができます。
ですので、わざわざお金を払ってスクールに通う必要はない、と思う方もいるかもしれませんし、働いていれば通っている時間もないでしょう。
もちろん資格取得は独学でも不可能ではありません。
しかし、独学で取得を目指す場合はスクールに通うよりも勉強や技術の練習時間を取られることになるので、効率よく取得するにはスクールに通うのが一番です。

 

・独学で取得出来る資格とは
ネイリストの検定試験は筆記試験と実技試験があり、3級から始まり1級まで等級が分かれています。
3級はネイルケアの基本、2級はネイルサロンで適用できる技術と知識、1級はトップネイリストとして認められる技術と知識が審査されます。

 

この中で、独学で取得できるのは3級だけと言えます。
特に実技は、単にネイルを塗るだけではなく、甘皮のケアやアート、チップ&ラップなどの施術を時間内に的確に行わなくてはいけません。
これを独学で身につけるのはかなり厳しいため、取得は3級しか無理なのです。

 

・ネイリストになるための等級
残念ながら、3級を取得したとしてもネイリストになるのは難しいです。
ネイル業界から見ると、3級は素人さんがネイルに関する知識を持っている、という位置づけでしかなく、ネイリストに必要な知識と技術を持っている証明にはなりません。

 

ネイリストになりたい場合は、2級まで取得しておかなくてはいけないのです。
ですが2級の試験のレベルはとても高く、独学での合格は難しいので、ネイリストを目指す方はスクールに通うのが必須です。

 

・スクールに通うメリット
お金を払ってでもスクールに通うメリットは、技術を講師に指導してもらえるということです。
最近はDVDで見て覚えるという方法もありますが、ネイルの技術というのは実際に目で見て、指導を受けないと上達しませんし、正しい施術も身につきません。

 

スクールなら実技を直接レッスンしてもらえるので、効率よく技術を身に付けられます。
また、資格試験に特化した授業を行いますから、資格取得への一番の近道にもなるのもスクールに通うメリットと言えるでしょう。

 

一般的なネイリストの資格と難易度について

一般的なネイリストの資格は、JNECネイリスト技能検定試験が主流で、1級を最上級として3級まであります。
もちろんどの等級であっても勉強しなければ合格できませんが、効率よく取得するには、まず難易度や合格率をチェックしてスケジュールを立てていくといいでしょう。

 

・ネイリストになるためには何級を持っていればよいのか
JNECネイリスト技能検定試験には3級、2級、1級の等級がありますが、ネイリストになるにはネイル検定2級を持っていることが求められます。

 

サロンによって採用条件は異なりますが、2級は必要最低限の資格と言っていいでしょう。
ネイル検定2級を取得するのに必要な条件は、3級を合格していることなので、3級と2級を持っていればネイリストになれる条件をクリアできます。

 

・等級による難易度の違い
3級はネイリストとしての基本の基となる、ネイルケアをスムーズに行えるかどうかが合格基準です。
基本的にネイルケアができれば合格できる等級ですから、難易度は高くありませんし、合格率も8割強と高めなのできちんと勉強すれば取得できるレベルと言えるでしょう。

 

2級は、ネイルケアだけではなく、アートやチップ&ラップが実践できるかが合格基準です。
趣味で行うレベルではなく、サロンで施術が適用できる技術が求められますから、難易度はかなり高く、合格率も4割程度と一気に低くなります。

 

1級は国際ライセンスと同等で、ネイルに関することはすべて理解していること、施術においては最高レベルの技術を持っていることが合格基準です。
合格率は3割強なので2級と同じぐらいですが、難易度は年々高くなっていますから、単にネイリストとして働いているだけでは取得は難しいです。

 

・ネイル検定2級に合格するには
ネイル検定2級は筆記試験と実技試験の2部構成で、どちらも合格しなくてはいけません。
筆記試験は勉強をすればいいので独学でも合格は可能ですが、実技試験はたくさんの減点項目があるため合格は簡単ではありません。
そのため合格率が4割程度となっているので、合格を目指すのであればスクールや対策講座を受けるべきと言えるでしょう。