ネイリストの平均月収と収入はどれくらいあるのか?

MENU

働く場所によってネイリストの平均収入は違ってきます!

ネイリストになる理由は人それぞれ違いますが、基本的にはネイルアートが大好きで、趣味が高じてという方が多いようです。
ですので、あまりお給料にこだわりがあるということは少ないようですが、それでも仕事であれば収入はとても重要です。
いくらネイリストになれても生活ができなければ続けられませんから、収入がいくらなのか気になるものですね。

 

・ネイリストとしての働き方
ネイリストというとネイルサロンで働くイメージしかないかもしれませんが、他にも働き方があります。
自宅で開業する、ネイルスクールの講師になる、イベントなどで出張ネイルをするなどネイルサロン以外でも活躍の場を選ぶことができます。

 

このフリーダムな部分がネイリストの魅力でもありますが、それぞれにお給料は違います。
一番安定しているのは、ネイルサロンやネイルスクールのスタッフとして働くことです。
ですが、個人経営は努力次第で高収入も可能ですから、まずは自分がどのような収入を求めているかを自身で把握しましょう。

 

・サロンやスクールで働く場合
ネイリストの雇用形態は、初心者の場合はアルバイトとして雇われることが多いようです。
アルバイトでもしっかり仕事をしてスキルアップしていけば、正社員として雇用されるというケースが一般的です。

 

当然ですがアルバイトではボーナスもありませんから、高額な収入は期待できません。
ただ、正社員になればボーナスがあったり指名料が付いたりするサロンもあるので、安定しつつある程度のお給料を得られるようになります。

 

・個人経営の場合
個人経営は高度な技術と接客力、営業スキルが必要なので、高収入を得られるかどうかは自分次第と言えます。
ただ、どんなネイリストでも最初は経費ぐらいを稼げればよい、というぐらいの収入になるのが一般的のようです。

 

 

ですが、近所のお店にフライヤーを置いたり、美容室やクラブなどで無料の出張ネイルをするなど、積極的に営業をかけていけば顧客も増えていくので収入も比例して増えていきます。
いずれにしても、個人経営は技術を磨くこと、営業を続けることで高収入を得られるので、たくさんお給料が欲しいという方は検討してみるといいでしょう。

 

ネイリストは将来性のある仕事なのか?

ネイリストは、女性が憧れる職業の上位にランクインするのが定番となっています。
ただ、ネイルアートは好きだけど仕事としてどうなのか、不安という方が多いのではないでしょうか。
ネイリストとして働くからには、需要や将来性、長く続けられるかどうかもしっかり調べておく必要があります。

 

・ネイリストの需要
現在、ネイリストの需要がどのくらいあるのかはもっとも気になるところですが、結論を言うとある条件をクリアしていれば需要はかなりあります。
その条件とは、ネイル検定2級以上を持っているということです。

 

基本的に、ネイルサロンが求めているのは即戦力なので、美容師のように資格取得を目指しながら働きたいという人材は不要です。
逆に資格さえ持っていれば需要はたくさんありますから、就職に関しては心配する必要はありません。

 

・ネイリストの将来性
ネイルアートは生きる上で絶対に必要、というものではありませんから、不況になると真っ先に節約対象となります。
ですが、将来性がないとは言えません。

 

一昔前はネイルアートも特別なおしゃれでしたが、現在はネイルアートをしていて当たり前の時代になっています。
飲食業など一部の職種を除けば、ほとんどの女性がネイルアートをしているといっても過言ではないでしょう。

 

 

またネイリストの仕事というのはアートをしたりジェルネイルを施術するだけではなく、ネイルケアやハンドケアもあります。
このように、一口にネイリストと言っても仕事の幅が広いので将来的にネイリストが干されることはないと言えるでしょう。

 

・ネイリストを続ける上で
いくらネイリストの将来が安泰だとしても、それだけにあぐらをかいてはいけません。
美容業界というのは常に進化していきますから、ネイリストを続けるのであれば新しい技術の習得や知識の吸収が必要です。
ネイリストは毎日同じ作業の繰り返しに見えますが、流行のデザインがアートできるようにしなくてはいけませんし、新しいネイルの施術法も学ばなくてはいけません。
いつでも顧客の要望に応えられることがネイリストを続ける第一条件とも言えるので、アンテナを張り巡らせて身につけていきましょう。